ピルで月経移動してみた!お泊まり登山予定日に生理がきそうなときの選択肢に!

今年の夏、富士山に行く予定でした!結局、予定日の天気予報が大荒れだったので中止にしました。

ただ、登山予定日が生理予定日と重なっていて病院でピルを処方してもらい飲んでいたので、そのときの話を書きたいと思います!

夏休み登山の予定を決めていたある日のこと

8月の夏休みに富士山に行こう!とスケジュールをたて、山小屋を予約しました。

しかし、その後に「あれ?そういえば、予約した日って確か生理がくる日では・・・」と思い、生理日をつけているアプリで確認してみたところ、やっぱり登山日と生理1日目がかぶってる。

私は生理痛が結構激しく、生理1日目や2日目には痛み止めのお薬が必須となります。

そのため、生理1日目の下腹部が激痛の状態で登山をするのは考えられません(痛み止め飲んでいても元気にはなれない)。

登山日をずらすことはできないため生理日をずらすことを考え、ネットで「月経日移動 名古屋」で調べ、伏見の婦人科を予約しました。

生理中に登山とか絶対無理だわ。

病院で診察&薬を処方してもらう

予約した婦人科へ行き、受付で月経移動希望を伝えました。

診察時間は3分ほどで、医師から前回の生理がきた日と次回の生理がきてほしくない日を聞かれ、その情報をもとにピルを飲み始める日を伝えられます。

また、私は今回ピルを飲むのが初めてだったのですが、初めての場合は少し気持ち悪くなる場合があると説明を受けました。

お会計は診察とピルの代金を合わせて4,700円でした。

ちなみに、複数のピルを処方してくれる病院を検索しましたが私が検索した範囲だと、名古屋と郊外では大体初診料が1,000円違いました(郊外1,000円、名古屋2,000円)。

ピルを飲み始める日は医師に聞いてね。

生理予定日の1週間前から生理が来てほしくない日までピルを服用

何日前から服用するかは病院で診察の際に伝えられます。

私の場合は「生理予定日の1週間前から服用してください」との事でした。

また、注意事項として毎日同じ時刻に服用することが伝えられました。

ピルを飲んだ日は全部で10日間。

副作用で「飲むのが初めての人は気持ちわくるなる場合がある」とのことでしたが、1日目は何ともなく2日目は夕方から何となく頭がぼんやりするような気持ち悪いような・・・くらいの体調になりました。

3日目から10日目までは気持ち悪くなることはありませんでした。

毎日同じ時間に飲むって、うっかり忘れそうになって結構大変。

ピルを飲み終わった2日後に生理がきた

診察の際に医師からの「飲み終わった2日後くらいに生理がくると思います」という言葉通り、生理がきました!

どうしても生理がきてほしくない予定は、ピルという選択もあるよ!

大切な予定がある日に生理が絶対こないって素敵。

今回初めてピルで月経移動をしてみましたが、費用も4,700円で副作用もほぼなかったので、お泊まり登山などどうしても予定がずらせない日と生理日が重なってしまったときはピルという選択肢もアリだなと思いました。

私は中学生の頃から生理痛が酷かったため、受験や資格試験などの大切な日と生理の予定日が重なった時には月経移動という選択肢があると知っていたら「生理がきたらどうしよう・・・」と不安になることもなかったと思います。

実際に使用することはなくても「こういう手段もある」という情報を知っているか、いないかで選択肢も安心感も増えるのかなと思いました!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました